FC2ブログ

振り向けば其処に ~日々是奇行也~

日々のあれこれを書いていこうと思います。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

記録的デッキ上げ②【巫女ターレ2019】

その名も【ネクラノミコ】!
皆様、こんにちは。そしてお初の方々には初めまして

今回もTwitterの方で紹介したデッキの詳しい枚数等々を説明していこうと思います
前回は入替候補が色々あったりしてかなり長い物になってしまいました
今回のデッキは半数以上が入替候補が存在しない唯一無二のカードばかりで短く済むかと思いきや、やはり長くなってしまいました。
メイン枠は枚数調整をするくらいで大丈夫なはずなのですが、なぜか前回と同じくらいになっております。

個人的にゼクスでは緑のカードが一番好きで、過去~現在まで緑メインのデッキを色々と作って来ましたが今回のデッキはかなりの満足度で仕上がりましたのでご紹介していこうと思いますのでお付き合い下さい。

このBlogはTwitter等で人のデッキを見て参考になったり、インスピレーションを受けて自分的に納得できるデッキが完成したりするので、そんな感じで助けになれば良いなー程度でやって行ければと思って書いておりますのでよろしくお願いします。


ネクラノミコ

【はじめに】
このデッキは以前から存在していた【巫女ターレ】と言うデッキを27弾に合わせて改修した物になります。
序盤は守ることを意識してしっかりと盤面を作って行くプレイが重要となります。
緑でリソースを伸ばすデッキはライフ2点は必要経費と割り切って戦うのが良いと個人的には思っています。

【採用枚数/使用感】
プレイヤー
緑の竜の巫女クシュル

IG枠(20枚)
・【緑界彷徨ノーブルグローヴ×4枚
 入れない意味が無い。
 トラッシュを作ったり、5リソース以降はリソースを伸ばせる便利
・【ぷにぷにキュート くまのもも×4枚
 トラッシュを作りつつハンドを整える凄いアッパー
・【地真竜テオゴニアス×4枚
 リソースを伸ばす事を考えれば入れない意味は無い
・【枝植の胎動×4枚
 弱体化はされたもののこのデッキでは強め
 主にイヴィルベイン エミクスを出すのに使うが適宜他のも出す
・【イヴィルベイン エミクス×3枚
 盤面を固めるために絶界欲しいので必須(枚数調整中)
 どの環境でも大体こいつは悪さしてる
・【紅葉にはしゃぐウェアドール×1枚
 枚数調整のための採用、ただしリソース増やせるのは強い

メイン枠(30枚)
・【福音獣人ウェアシロイルカ×1枚
 このデッキでは桜雅の名乗りノーブルグローヴ以上にリソースが伸ばせる
 なぜか相手のターンにも効果が使える強いST
・【緑の竜の巫女×4枚
 Vジャンプの付録だったPRカード、名前が無い方。
 このカードがデッキの核なので4枚必須
 注目すべき点は最近のカードと違い相手のターンにも効果が使える事
・【草華竜アイヴィーウイング×4枚
 5コストでリソースからコストを無視してゼクスを出せる凄い奴
 このカードも相手のターンに効果起動ができるので強い
 ベインの同期、絆リンクから出せるのと上記効果により4枚必須
・【四皇蟲 断絶刃王マンティスバーグ×2枚
 最終的に相手のライフを取りきる為のカード
 効果で自身をリソースに置き、再度リソースから出すを繰り返す
 枚数は最低でも2枚欲しいので現在は2枚
・【インディーロック アームド×4枚
 デッキのメインギミックなので4枚必須
 27弾でこのカードが収録されたことでこのデッキは完成した
・【自称魔法少女☆ステッキ×1枚
 完全なおしゃれ枠兼自由枠
 このカードを切れば四皇蟲 断絶刃王マンティスバーグを1枚増やせる
 一応、青も白もあるため効果は全て発動する
・【Aウィルスハザードのアクターレ×4枚
 デッキのメインギミックなので4枚必須
 名称指定や種族を軒並み潰せる凄い奴
・【聖樹を見守る者ピュアティ×4枚
 いち早くリソースを増やしパーツをリソースに揃えたいので必須
 後半ではトラッシュからカードをリソースに置けるので便利
 枚数は好みによると思うけど、4枚ある方が確実
・【爽籟の星樹ノーブルグローヴ×3枚
 緑の竜の巫女草華竜アイヴィーウイングのコストを踏み倒せる
 枚数に関しては最低3枚は必須だと思われる
・【爽籟に拓け其が星樹×3枚
 爽籟の星樹ノーブルグローヴの相方
 こちらは逆に3枚あれば良いと思っているので4枚にする気は無し
 リソースを増やすために相手ではなく自分に対して効果を使用するのが基本
 このカードが1枚リソースに置けるようであればイベントとして使用する時もある

デュナミス枠(10枚)
・【爛漫を育む桜華ノーブルグローヴ×4枚
 とりあえず使いやすいので4枚
 使わないドラゴン入れるくらいならコレ4枚で良い
・【碧葉竜醒ノーブルグローヴ×1枚
 使うかもしれないけど基本アッパーで一番初めに捲ってしまう
・【翠竜の桜翼 娑伽羅×2枚
 このデッキではギミックの関係で強いカードなので2枚採用
・【試作型ブリMKII&汎用型ブリ×1枚
 とりあえず入れておけと思えるほど便利なカード
 特に無色の地真竜テオゴニアスが入っているのでさらに便利
・【雄大なる『豊沃』ニヌルタ×1枚
 5コスにメインギミックが集まっているので、そこにアクセスできる良カード
 実質5枚目の緑の竜の巫女
・【安寧たる『倒絡』ニンフルサグ×1枚
 リソースを増やすためのカード
 効果が自分のゼクスに対して使える状況ならなお強い

【デッキの回し方】
①リソースを貯める
②エミクスの効果範囲内に必要なゼクスを配置する
③相手のライフを頂戴する
このデッキは、この3ステップを基本としています。

序盤は前に出ずPSの周りを固めながらウェイカーLv4を目指し、リソースを増やすことをメインに考えます。
リソースが増えたら緑の竜の巫女雄大なる『豊沃』ニヌルタイヴィルベイン エミクスの範囲内にインディーロック アームドAウィルスハザードのアクターレを配置します。
インディーロック アームドの効果で相手ターンには自分のゼクスが全てリブートしていますのでスリープコストのバーンダメージ等でAウィルスハザードのアクターレを守ります
また、無理にAウィルスハザードのアクターレを守らずとも、緑の竜の巫女は相手ターンでも効果起動ができますのでリソースにAウィルスハザードのアクターレがあれば別のスクエアに登場させることも可能です
インディーロック アームドが配置されている状態であれば、翠竜の桜翼 娑伽羅も相手のゼクスを倒しつつ自ターン終了時にはリブートして、相手メインフェイズでの効果起動がでますので自ターンでの攻撃に使用できるようになります。
後は、四皇蟲 断絶刃王マンティスバーグで相手のライフを削って勝利しましょう
Aウィルスハザードのアクターレがいる場合、当然ですが絆リンクの効果は発動しないので注意しましょう。逆に利点として草華竜アイヴィーウイングから同名カードを出せるようになります。

【最後に...】
このデッキは、どこかのタイミングで相手を止めることができれば一気に勝ち盤面まで持っていく事も可能です。
チャンスが来るまで無暗に攻めず、ひたすらに耐えた方が安定すると思われます。
Aウィルスハザードのアクターレはリソースに1枚置かれていたり、チャージ・トラッシュからリソースに置けそうな状態であれば、渋らずに使っていく方が良いです。今の環境であれば大体の相手は1ターンくらいなら止まる可能性があり、上手く行けば生き残ってそのままゲーム終了まで持ち込めるかもしれません。
やることが明確であり、迷わないデッキですが、他のデッキに比べて、
・配置の方法
・守る方法
・攻めに転じるタイミング
など相手のデッキによって、かなり変わってきますので中々に研究し甲斐のあるデッキだと思います。
最近では緑は強い色と言うイメージがありますが、昔は緑と言えば出来る事の少ない微妙な色でした。そのため、使用するプレイヤーは緑のカードを使うために色々と試行錯誤をしていましたので、もしこのデッキを使おうと思った方がいれば、ぜひ研究しながら使用してみて下さい。

それでは、次回もデッキを上げた際には詳細を書ければと思いますので今回はこれにて!
スポンサーサイト



| Z/X | 17:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kaduchi.blog25.fc2.com/tb.php/19-a06d3361

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT