FC2ブログ

振り向けば其処に ~日々是奇行也~

日々のあれこれを書いていこうと思います。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

記録的デッキ上げ①【キラーマシンES】

略して【キラマES】!
皆様、こんにちは。そしてお初の方々には初めまして

数年に一度しか更新されないブログですが、今回はZ/Xの記事です。
なぜ更新しようと思ったかと言えば、Z/X27弾「未来の叙事詩」が発売してからZ/Xへのモチベーションが回復しました。
ここ最近はライカンかプレデターしか触っていませんでしたが、久しぶりに色々なデッキを考えたり実際に組んだりしています。

こちらでは、Twitterの方で紹介したデッキの詳しい枚数だったりを説明していこうと思います。
・攻めるデッキか、守るデッキか
・採用枚数
・採用理由
の3点を書いていきたいと思いますので、参考程度で読んでいただければ幸いです。

自分もTwitter等で人のデッキを見て参考にしたり、インスピレーションを受けて自分的に納得できるデッキが完成したりするのでその助けになれば良いなー程度でやって行ければと思いますのでよろしくお願いします。


キラマES

【攻めるor守る】
このデッキはES(エヴォルシード)デッキなので攻めるデッキです。

【採用枚数/採用理由】
IG枠(20枚)
・【恋の応援モテッツ×4枚
 ライフを整えつつチャージを増やすことが可能なカードとして採用
 とりあえず強い入替候補が存在しない唯一無二
・【もふもふパージ マルキダエル×4枚
 ディンギルのコスト、シャルラハロートのコストとして優先的に割るカード
 とりあえず強い入替候補が存在しない唯一無二
・【墓城の道化プーニーレ×4枚
 ウェイカーLvを上げつつデッキトップを墓地に送るので意外と重要
 ウェイカーの大半をこのカードに注込む事も偶にある
 【入替候補】
 黒界転翼レルムレイザー
 デュナミスのウェイカーを表にせずデッキトップを墓地に送ることができる
VB
・【閻釜の解放アビッソ×2枚
 自分のゼクスを割りつつ4コス以下のゼクスを回収できるカード
 デッキ傾向として強い回収対象が多いので相性が良い
 【入替候補】
 新人看護助手キャサリン
 デッキトップから墓地にカードを落とせる2コストと言う利点を生かして
 整備職人ヒンデンブルク
 華麗なる巧手 百日紅
 からの先攻1ターン目1点が可能になるカード
 奈落の魔人アビッソ
 自分のゼクスを割ることができ、相手のパワー6000以下のゼクスを破壊できる
 上記効果により、自分のゼクスを展開する面を作ることができる
・【覇聖斬機ブレーダー×2枚
 自分のゼクスを割ることができ、相手の4コス以下のゼクスをバウンスできる
 上記効果により、自分のゼクスを展開する面を作ることもできる
 キラーマシーンなので魔王機械サタニアのコストになる
 貴重な青のリソ―ス
 【入替候補】
 上記、閻釜の解放アビッソの入替候補と同様
 入替候補と併せて、いずれかのカードを4枚と言う選択もあり
LR
・【扇動するトイガー×4枚
 このカード1枚で2枚展開でき、3コスト以下に強いゼクスが多いため採用
 とりあえず強い入替候補が存在しない唯一無二

メイン枠(30枚)
・【絶望の扉ボーンゲート×1枚
 破壊時デッキトップから2枚落とせる効果がES系デッキとの相性抜群なSTカード
 自分のターンに落とせれば更に◎
 【入替候補】
 スタートカードに関しては好みとデッキとの相性をみて色々と変更可能
 個人的には絶望の扉ボーンゲートが一番相性が良いスタートカード
・【イレギュラーX エクスクルーシ×4枚
 このカードの登場により完成したのが【キラマES】である
 ・デカイ
 ・コストが下がる
 ・デッキトップから3枚落とせる
 と、効果の全てがESデッキと噛み合っている素晴らしい一枚
・【緋の爆炎シャルラハロート×3枚
 マルキダエルを能動的に割れる1枚、しかもパワー11000が出る強い
 基本的にトイガー1枚で起動コストを満たせるので相性はすこぶる良好
 【入替候補】
 煉獄竜ファーガトライに変更する選択肢は存在する
・【魔王機械サタニア×4枚
 デッキの核となるカードが要求コストを満たしているため非常に相性が良い
 効果が非常に特殊なため、入替候補が存在しない唯一無二
・【整備職人ヒンデンブルク×4枚
 レンジ2を与えることができる為、先攻1ターン目1点を可能にするカード
 イグニッションなどで相手のPS周りが埋まっている場合でも点を取るために必須
・【溶解機械メルト×4枚
 自ゼクスもバウンスできる他、手札のESをデッキに戻せるカード
 このカードとイレギュラーX エクスクルーシで連パンできる場面もある
 キラーマシーンなので魔王機械サタニアのコストにもなる
 デッキの都合上、入替候補が存在しない唯一無二
・【不思議の国の帽子屋マッドハッター×3枚
 手札の緋の爆炎シャルラハロートをトラッシュに置けるカード
 トラッシュに欲しいカードがある場面が多いデッキなので実は4枚欲しい
 入替候補が存在しない唯一無二
・【華麗なる巧手 百日紅×4枚
 入替候補と選択理由は後述
・【ドレミファ ソリトゥス×3枚
 2コストでデッキトップから1枚落とせるカード
 スリープする事で縛りはあるが最大2枚のゼクスをトラッシュから回収できる
 手札に欲しいカードが多いこのデッキとは相性が良好
 入替候補が存在しない唯一無二

デュナミス枠(10枚)
 Twitterに上げた写真から変更したものがあります。
 また、デュナミスのゼクスは基本的に効果が唯一無二なので入替候補はありません。
・【海真竜リダクトナム×3枚
 ドラゴンLvが上がるならなんでもOK
・【滅神騎王アーサー×1枚
 最速プレイで最低でも1点取りに行ける良カード
・【青竜歌姫メルキオール
 プレイコストとして手札のESをデッキに戻しつつ
 移動・バウンスができる良カード
・【天醒する御使いフィエリテ×1枚
 トラッシュの5コスト以上のESをデッキに戻すための1枚
 醒竜天使 白羊のマルキダエルでも可
 基本、おしゃれ枠
・【試作型ブリMKII&汎用型ブリ×1枚
 色を問わずコストにプレイできるため5色あるこのデッキには必須級の1枚
・【対なる『鎮頂』アンシャル・キシャル×1枚
 もふもふパージ マルキダエルをコストにプレイすることにより
 最大3面取れる凄い1枚
・【優艶の旋律リャナンシー×1枚
 某氏曰く「四月は君の嘘」
 ボーンゲートをコストにするとデッキトップから6枚トラッシュできる凄いカード

華麗なる巧手 百日紅の採用について】
多くの人はESの緑と言えば麗色昆虫レディローズを想像するかと思います
華麗なる巧手 百日紅を採用した理由は現在のゲーム環境にあります。
現在のゲーム環境はIGOBが入っているデッキが多く、ESデッキの場合は相手に最速でIGOBを出された場合、概ね不利になると思います。
こちらにも大型のゼクスが3種類入っていますが下記の懸念事項があります。

イレギュラーX エクスクルーシ
 コストがプレイできるコストまで下がっているか判らない
 コストが下がっていたとしてもIGOBの前にゼクスを置かれた場合の処理が困難
魔王機械サタニア
 そもそも出るか判らない
 出せたとしてもIGOBの前にゼクスを置かれた場合の処理が困難
緋の爆炎シャルラハロート
 魔王機械サタニアと同じくそもそも出るか判らない
 出せたとしてもIGOBの前にゼクスを置かれた場合の処理が困難
 盤面に空きがない場合出すことができない

つまりIGOBを出されて不利になる問題を解決する方法が必要になります。
その最大の方法が、「対戦相手にIGOBをさせない」という事です。
IGOBをするには『対戦相手のリソースにカードが6枚必要』と言う縛りがあるため
最近ではリソースを5枚で止める「5止め」を見かけることが多いです。
当然、5コストまでしか使えないので5コスト以内で戦う必要がありますが、
ESデッキはそれが可能となるデッキです。

そこで2種のカードの効果を比べた場合、華麗なる巧手 百日紅に軍配が上がります。
4リソースまでは麗色昆虫レディローズの方が強いと思います。
ただし、「5止め」をすることを前提にした場合、2枚目以降の麗色昆虫レディローズは基本的に無駄になってしまいます。
華麗なる巧手 百日紅の場合はイグニッションフェイズ以外にカードをトラッシュに落とせる方法が多いこのデッキでは無駄なく使用でき、リブートできる色がデッキトップ次第と言うデメリットはありますが、スリープしたリソースをリブートすることができ、追加の点につながる可能性があります。
当然、IGOBが入っていないと思わしきデッキに対して「5止め」をする必要もないので、その場合は対戦相手よりリソースを伸ばせる麗色昆虫レディローズを採用している方が強みがでるかと思います。
IGOB環境が麗色昆虫レディローズではなく華麗なる巧手 百日紅を採用している最大の理由です。

【最後に...】
色々と書かせて頂きましたが如何でしたでしょうか?
ちなみにこのデッキを使うときは自PSを開けてでも点を取りに行くことが多くなります。
華麗なる巧手 百日紅で触れましたが個人的には「5止め」に関しては健全な行為とは思えませんが勝つ方法の1つであることは間違いないので否定はしませんし、自分でもやっていますからね。
勝つためのゼクスもエンジョイするゼクスもすべて肯定していく事こそゲームを楽しむのに必要なのだと思います。

それでは、次回もデッキを上げた際には詳細を書ければと思いますので今回はこれにて!
スポンサーサイト



| Z/X | 22:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kaduchi.blog25.fc2.com/tb.php/18-7f6a0ab1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT